ニュース

ついちゃいました。。

僕が、京都、 祇園駅前でやっている「お話聞きます」には

本当に色んな人が来る。・・・自分の事を「ついている」とハッキリ言う人。 

自分の人生はずっとついてない。。と愚痴をこぼす人などなど。 

 

鴨川を背にして、祇園で「お話聞きます、無料」て看板を出してから、3か月。

このネット社会でも会話に飢えている人はいるもんである。東京でも、西の都、

京都でもそれは、変わらない。。 

鴨川と逆、先斗町側に向けて僕の前に座った、ショート髪のOLさん、中西さん(仮名)

もその1人で。。 

中西「お話ききます、無料。て、本当に無料で話を聞いてくれるの??

   じゃあ、少し話していこかな」。 と、「少し」と言う中西さんの「お話し」は

    延べ90分に及ぶのである。。

要約すると、中西さん、7年前まで、売れない劇団の女優。バイト週4、後は 

劇団の稽古、売れない役者同士の飲み会、毎日、腹筋、背筋、発声練習などなど。

初めの何年かは、若くもあり、貧乏も、ノーメイク、ジャージだけの毎日も、楽しく感じ

られたのらしい。んが、

 

中西「でもね、チケットノルマに追われて、毎回チケット買ってと声かけてると、友達も減る         し,ウザがられるし・・。チケット売らない奴に限って芝居の中味に文句つけるし。。

辞めて、一般社会で仕事してみてあんなの、社会出たら通用しない!って気がついたのよね。」

・・と言うか、芸能界や政治の世界は特殊だから、常人は通用しないんじゃないだろうか。。

中西「やめた後に、年に何回か連絡きたけど、1回も行かないかった。。

   7年経っても誰も売れてないし、そんな★ついてない人★の集まりに参加

   しても仕方ないのよね。なんかつきがないのは感染する。って言うし・・」

 

それは、聞いた事ある、貧乏から脱出したければ 貧乏人の近くに

  まず行かない事。みたいな事本で読んだナア。

中西「もっと早く気がついたら良かったなア。・・女優を目指したんが悪いんじゃなくて

   売れない人達とつるんでたのが良くなかったって。。

   早めにきがついて良かった★ 私、ついてるわ」

と清々しそうな顔で帰る中西さんは、京都の先斗町、清水寺方面へ消えて行った。

 

枚方バンダム公式HP

http;//iinen.com.

Twitter。 

sakurairo424

はしくん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「お話ききます」 9月の予定

9月 出張「お話ききます」の予定。

★週末、渋谷でやっていた

「お話ききます」ですが、

少しの間、渋谷だけでの路上

「お話きききます」から 場所を変更してみたり

する予定です。 

HPなどに、「渋谷以外では、やらないんですか??」

とか、「うちの町の駅前でもやって下さい!!」とか

ありがたくもメールがきたりするもので。。

とりあえずは、山の手線1周したり、横浜行ったり、

地下鉄、私鉄の沿線のいろんな駅で

「お話ききます」をやってみる予定です。

★あと、「お話ききます」は路上以外で

池袋、渋谷、恵比寿などで お茶しながら

「お話」を聞く。

出張「お話ききます」もやっています。

お茶代はかかりますが・・

もちろん、「お話ききます」は無料ですよ。 

ご予約は 枚方バンダム公式HP

http://iinen.com/ からメールを頂ければ

OKです。

9月の「お話ききます」の予定は

16日(日)  お昼から

20日(木) お昼から

21日(金) お昼から

24日(月) お昼から

25日(火)お昼から

「お話コラム」は

枚方バンダム公式HP

http://iinen.com/ で読めますよ。

ではまた、10月分の予定は 告知します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通で考えてみ。

僕が週末、東京でやっている「お話ききます」には 

本当に色んな人がくる。政治に興味がない人。 

親や親族に政治家がいる人。宗教を信仰していて 

選挙の時期になると「公明党にいれて下さい」と 

わざわざ、家までくる人etc。 

今年になってから、開始した、六本木でも 

もう、毎回くる常連の人や、渋谷の頃からの 

常連の人、久しぶりにメールをくれて、 

六本木まで足を運んでくれる人、本当に 

ありがたい。 

などと。思いながら、8月も終りの六本木 

ミッドタウン前、夜8時代、六本木はまだまだ 

人通りがまばらな時間帯「お話ききます。無料」の 

看板の横に座り、片手にワンカップを飲みながら 

話す今夜のお客様。 

8時代だというのに、もう結構ヘベレケである。 

「結局、押尾も、酒井のりピーも、氷山の一角で、 

ドラッグなんざァ、手を変え、品を変え、場所を変えて 

東京なんか、特に、芸能界なんか、特に 

蔓延してるに違いないんだから。なァ、兄ちゃん!」 

と、僕の肩に腕を回して、同意を求めるのは 

渋谷の「お話ききます」の時から、たまにいらっしゃる 

サブさん、年は多分、60くらいか・・。 

サブ「芸能界なんざァ、若くして、ボロボロ、よくわかんない 

金が手に入る業界で、のりピーなんか、CM1本2000万なんて 

言われてるらしいじゃねえか??   

半分もらっても、その1本で高額所得者だよ!

世の中には、日本の政治のせいで、派遣切りなんか 

にあって、来月から住むとこもない奴もいるっていうのに!」 

酒の勢いもあり、サブさんの言葉は続く。 

サブ「確かに、ヤクザの娘に生まれて、継母に育て 

られて、若いうちに、売れちまって・・・。

金持ちのボンボンと結婚して・・・。 

「疲れが取れるから」とか、「眠らなくてもイイ体になる」 

とか、芸能人は一般人よりストレスが溜まるし・・・。 

「眠らなくてもよくなる」とか。言われたら、誘惑も多い 

だろうけど、薬だけは、人間じゃなくなるからよ! 

絶対に手を出しちゃいけねえよなァ」 

ここで、ワンカップをグビグビと飲み干す、サブさん。 

サブ「まァ、起訴されて、事務所も解雇された事だし、 

  刑務所入って、反省してくりゃイイんじゃねのか?? 

 普通に考えてみりゃ、社会復帰できないけど、 

 何年かたったら、たけしあたりが助け舟だすかもしれないぜ。 

 じゃ、兄ちゃん、またくるわな!」とい言って、サブさんは 

 工事中の六本木交差点の方に帰って行った。 

 

「お話ききます」についての 

お問い合わせは sakurairo@clear.ocn.ne.jp  まで。 

枚方バンダム公式HPは http://iinen/com まで。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

客席からの参加。。

「酒井法子、覚せい剤、本人も使用か」 
というニュースが携帯に頻繁に流れる、8月、 

六本木ミッドタウン前。 

 
「・・どうして、こう芸能人は覚醒剤ばかり、 

に依存するのだろうか?? 

 
さらに、事実が発覚したら、できる限り隠ぺいしようと 

したり・・。本当に大人のやる事か!!] 

 
真夏の30度近い、駅前をさらに5度くらい 

上げてくれそうな勢いで、熱く僕の前で語るのは、 
大手予備校の事務をしている35歳の男性。 

「うちの職場でも そうですよ!東大や、一ツ橋をでた教師は、 

生徒たちに「受験に勝つテクニックだけ」を教えようとしているし、 

残業が少しでもあると、 すごくイヤな顔をするし、 

先生同士のコミュ二ケーションはとらないし 
・・。」・・予備校って受験の勉強するために行くから・・ある部分は 
それでイイような気もするけどなぁ。 

 

さらに、事務のおじさんは語る。 

「生徒の事を」考えて、もう少し人間教育する。 

・・とかそういう所に観点をおいてほしい気がするんですよね。 
 

高校生って一番、多感な時期だから、 

そんな時にイイ教育をしないから、 

教師がいじめの発端を作ったり、堀江や孫みたいに、 
ウソまでついて企業の業績を 

黒字に見せようとする奴に育ったりするんですよ!」 
 

・・こんな熱い思いを持ってるなら、自身が教育の現場に行ってみては・・。 
 

と提案してみた。 

「イヤぁ。私はもうこの年だし、嫁と子供もいるもんでねェ・・。」 
 

やはり、みんなドラマの現場には立ちたくないようだ。 

現実は、想像以上に厳しくて、ドラマチックなんですよね。 

きっと。 

表舞台に立つより、客席から眺めて 

いたいのが人間なのかも知れません。

などと考えながら、僕はおじさんの話を聞き続けた。

お話ききます。についてのお問い合わせは 

sakurairo@clear.ocn.ne.jp   まで。 

枚方バンダムの公式HPができました 

http://iinen.com/  です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まじめな不倫

「現実路線の民主、どう見るのか??」という 

ニュースが携帯に流れる、7月終りの恵比寿駅前。

 

「こんなとこで座って、何してんですかァ??」とまだ、 

月も一番輝く時間帯に4時間もある、時間帯。 

 

「お話ききます。」の看板は見えなかったのかなァ。 

と確認する間もなく 

 

火照った顔で僕の前に座ったのは 

マジメそうな黒ブチ眼鏡をかけた女性、 

 

年は20代後半だろうか。 

 

「「お話きききます。」って・・無料で人の話聞いてるんだァ 

・・へェ・・よくわかんないけど。お兄さんは楽しいの? 

人生が?」 

 

・・いきなり、ドデカイ質問に簡単に答えると。 

 

「そっかァ。楽しいのかァ・・。私はねェ。小さい時から、眼鏡かけてて 

「マジメ、まじめ」って、言われて、 

 自分のマジメさに嫌けがさしてきてるんですよ。」 

 

・・確かに、和風の顔した、アンジェラ・アキみたいダ。 

アンジェラじゃない、彼女の話は続く。 

 

「親からも、先生からも「マジメだね。まじめダネ。」 

なんて呪文のように。言われるから、 

 

どうしてもそのキャラを守らないといけない。 

と思って、マジメにしてきたけど・・。」・・ 

 

お酒も入っている事もあり、30年近く、消化できなかった思いが 

涙になって彼女のホホをつたう。 

 

マジメな事が悪い事なのだろうか?? 

 

「やっぱ、そう思いますか!・・マジメなんて18歳すぎたら、 

何の得もしませんよ。 

 

恋愛でも、友達関係でも、・・マジメな人ってやる事や、 

言う事に予測がついちゃうじゃないですか?? 

 

それってつまんないでしょ??つまんない人生って 

誰でも送りたくないじゃないですか。」 

 

・・ハンカチで涙を拭き終えて、強い目をして、彼女の話は続く。 

 

「だから、私、今、不倫してるんです。不倫て、普通の 

恋愛にない物が潜んでるんですよ。何かわかりますか?」 

 

・・何だろう?難しいなァ。 

 

僕「恋愛に必要な駆け引きと嘘ですか??」 

 

 

「・・エへへ。違いますよ。ウソとか、駆け引きは普通の恋愛にもあるでしょ。  

 

不倫についてまわるのは「恥」ですよ。・・なんか「恥」って、 

 

マジメと対極的でイイと思いませんか??マジメじゃない事って何かなァ。 

 

・・すごい悩んで、私、気がついたんです。」 

 

・・そんなマジメに考えて不倫する人、初めて。 

 

でもどんな男性と不倫してるのか・・聞きたかったなァ。 

 

 

 

「お話ききます」についての 

  

お問い合わせは sakurairo@clear.ocn.ne.jp

 

まで、お願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

親の夢。見てるのは誰の夢。

  
「麻生おろし。どんどん激化。」というニュースが 
携帯のニュースで頻繁に流れる7月。 

そう・・暦の上ではもう 初夏なのに  
、まだまだ傘が手離す事ができない。
 

「お話ききます」をやりに渋谷駅前に向かう。「お話ききます。」を 
はじめて8年め。 

週末2回、渋谷に来てるとして1カ月に8回で1年で 
・・あァ。やっぱ暗算が苦手だァ。公文式に行っとけばよかった・・。  
など考えていたら。 
 

「「お話ききます。」 って、あなたが「聞き屋」さんですか?? 
私、新聞であなたの事、見た事あるんですけど  

本当にいるんですね」と人の事を珍獣のような言い方で 

話しかけてきたのは20歳のコンビニに勤める女の子。 

「あの「聞き屋」さんは、夢はありますか?夢って、どうやって 
見つけるんですか?」・・と 

「10代しゃべり場」のような質問をしてきたこのコは 
20歳にして、人生の目標をもてないで困っている。 

「私、去年まで慶応に行っててすぐ辞めたんです。 

・・入ってすぐ、何か「なんで私は大学に行くんだろう?」って 
疑問が毎朝、起きると浮かぶようになって・・。」・・聞くとこのコの両親は2人とも 
慶応卒。 

お母さんはすごく優等生で、自分のコピーの様にこのコを育てたかった 
らしく、教育ママで。 

さらに「父親の口癖は 

「6大学には受かれ」 

・・そのクセ、弟には凄く 
甘くて。何かあれば「あなたは長女なんだから。」・・って言われて・・。」・ 

 

・6大学に行くのも 長女の役目なんだろうか?。 

「慶応に入ったのはイイけど・・私のやりたい事は何?って 思うと・・。 

何もない事に気ずいて・・。」 

・・20年間ためてきた想いが涙になってこぼれ落ちていく。 

 20年で初めて言った、わがままが「自分の夢をさがしたい。」 
だったんだろうか。 

でも、どんな夢にしても自分で見つけた夢なら、 

納得できるからイイんじゃないかな。 

・・なんて言えずに僕はただ彼女の話を聞き続けた。 

 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)