おすすめサイト

「お話聞きます」カフェにて

京都、祇園四条駅前。大阪 梅田(大阪駅)付近の路上で

やっている「お話聞きます」ですが、

気温が低いこの時期。

京都は祇園四条駅前、大阪は梅田駅前のカフェにて

「お話聞きます」カフェにて★をやっています。

「お話聞きます」は時間制限なし、無料です★★

(お客様のお茶代だけかかりますが)

土日、祝日、年末は12月28日まで、生意気にも

完全予約制でやっています。

ご予約は↓↓

sakurairo@clear.ocn.ne.jp まで

メールを送って下さい。ご返信いたします。

枚方バンダム公式HP

http://iinen.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「お話ききます」 1月の予定。

1月 出張「お話ききます」の予定。

★週末、渋谷でやっていた

「お話ききます」ですが、

少しの間、渋谷だけでの路上

「お話きききます」から 場所を変更してみたりする予定です。 

HPなどに、「渋谷以外では、やらないんですか??」とか、 

「うちの町の駅前でもやって下さい!!」とか

ありがたくもメールが来たりするので

地下鉄、私鉄の沿線のいろんな駅で

「お話ききます」をやってみる予定です。

★あと、「お話ききます」は路上以外で

池袋、渋谷、恵比寿などで お茶しながら

「お話」を聞く。

出張「お話ききます」もやっています。

お茶代はかかりますが・・

もちろん、「お話ききます」は無料ですよ。 

ご予約は 枚方バンダム公式HP

http://iinen.com/ からメールを頂ければ

OKです。

2013年 1月の「お話ききます」の予定は

16日(水)  お昼から

18日(金) お昼から

19日(土) お昼から

22日(火) お昼から

23日(水)お昼から

26日(金)お昼から 

28日(月)お昼から

30日(水)お昼から

31日(木)お昼から

「お話コラム」は

枚方バンダム公式HP

http://iinen.com/ で読めますよ。

ではまた、2月分の予定は 告知します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年、「お話ききます」の予定

週末、渋谷でやっている 

「お話ききます」ですが、

今年は、渋谷だけでなく、

山手線 1周をしてみたり、色んな駅で

「お話ききます」をやりたいと思います。

路上の活動を再開するまでは、

カフェでお茶をしながらやる

出張版、「お話ききます」を予約制でしています。

予約方法は簡単、

枚方バンダム公式HP

http://iinen.com/

までメールで予約をして下さい。

お茶代はかかりますが、

「お話ききます」は無料ですよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初。原宿駅前。

記憶が正しければ、2004年以来、 

6年ぶりの原宿での「お話ききます」 

6年前やっていたキャットストリートと違い、 

 

駅前のでかいGAPのド真ん前★ 

 

6年前は、シャネルも表参道ヒルズもまだなかった 

原宿。 

この駅前のGAPも 最近できた。 

東京は本当にお店や建物を造っては壊して、 

また作る。。 

夜9時過ぎ、GAPが閉店した後、そこそこの人通り、 

六本木に次ぐ定位置を探してしる。 

原宿も候補に入れてみよう。 

 

枚方バンダム公式HP 

http://iinen.com/ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆとり世代と昭和世代

「円楽、他界する。」というニュースが携帯に  

流れる10月月末の六本木。 

「インフルエンザ」なぞという、何の利益も 

もたらさない物が流行したため、路上での 

「お話ききます」ができず、いつも大江戸線の 

六本木駅付近でやっている「お話ききます」を 

六本木のミッドタウン地下のカフェにて。 

「お話ききます」の看板はないが、 

お店の椅子に足をブラブラさせて、溜息まじりに 

僕に話をするのは、28歳、アパレル関係の仕事を 

しているミカさん(仮名)  

ミカ「・・・今年もあと2か月かぁ。。・・また、仕事しかしてなかった 

気がする。。私。2月から春物の準備して、春がきて、 

★新社会人です★て、キャピキャピした20歳そこそこのコの 

相手して、5月にャ、夏物と水着の準備して・・」

僕「・・・5月にもう、夏物の準備するんですか??」 

ミカ「・・当然じゃない!・・女のコは海のシーズンの前に 

  水着買って、準備しないと、・・それに今は海や 

 プールに行くだけじゃなくて・・水着で行きるホットスパ 

 とか色々あるしね。」

僕「なるほど、女子は色々と大変ですね」 

ミカ「・・季節に合わせて、服を買って、靴に合わせて 

バックを変えて・・私服で仕事してる会社だと、毎日 

お洋服かえないとダメだから・・・本当、大変!」 

僕「彼氏とデートの時も気を使うし、大変ですよね」 

ミカ「・・いきなり、地雷ふむわね!・・彼氏かァ。学生の時からの 

彼氏がいたけど、・・・お互い、仕事も忙しくなって、・・引っ越しも 

して、住所も変わってみたいで・・年賀状とかも出さなくなったしね・・。」 

僕「・・はァ」(かける言葉がない) 

ミカ「・・仕事場のおばさんは顔みる度に「結婚とかしないの?? 

おばさんの若い頃は30歳なら子供の2人もいたものよ」って 

女性の仕事→寿退社→結婚。なんて、仕事のゴールが決まって 

た昭和の時代とは、時代が違うんだよ!・・今なんか 

平成生まれや、ゆとり世代。に色々悩まされてんのに・・。 

こっちの気もしらないで・・。本当に頭にくる。」 

・・週末の六本木でミカさんの愚痴はいつまでも 

とめどなく続いた。僕はただただ、「お話」を聞き続けた。 

「お話ききます」への問い合わせは 

sakurairo@clear.ocn.ne.jp まで。

枚方バンダム公式HPは 

http://iinen.com/ まで。 お気軽にどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

好きにすればイイ。。

「24時間TV、ギャラのでる謎。。」というニュースが 

携帯に流れる8月、祭りの時期のピークか?? 

浴衣姿のカップルがドンドン沿道を歩いていく。 

自宅の中目黒からバイクで、渋谷を通過して、 

南青山七丁目の交差点、西麻布の交差点を 

通過して、ヒルズを右手にひたすら、六本木方面へ。 

西麻布をこえたら、タクシーと外車の率がかなり増え、 

原付でトコトコ移動してるのは、僕と宅配弁当くらいだ、。 

目的土地の六本木ミッドタウン前に付き、「お話ききます」 

の看板を出し、夏の終わりをつげる、都会の蝉の鳴き声を聞く。 

渋谷と違い、週末の六本木は夜22時を過ぎたあたりから、 

「お話」にくる人が増える。。  

不況で日本中が大変な中、六本木はいつまでも 

眠らない街。なんだろう・・などと考えていると・・・。 

「えー!「お話ききます。無料」って、初めて、見たァ♪ 

これは何をしてるのぅ??」 

と、明らかに、1杯どころか、かなり飲んでり様子の 

女性。右手にはボトルのワインをもっている・・。 

「お話ききます」の説明をすると。 

「へェー??お兄さん、若いのに、こんな、お姉さんの

恋の痛み★とか。癒してくれんの?? 大丈夫??」 

と、僕の前に腰を下ろしたのは、ミカさん(仮名) 

ミカ「ねェ、ねェ。お兄さん、★冷めた愛★って、 

どうやったら、復活できるかわかる??」 

僕「冷めた愛ですか??難しいナァ」 

ミカ「お兄さん、まだ若そうだもんね!いくつだっけ?? 

 なんだァ、まだ35歳かぁ。まだまだ今からね。 

男として、熟してくんのは。。」 

ミカ「★冷めた愛★なんて、もう1回、燃やせばイイのよ♪

  1回熱がなくなった位で燃え尽きた愛★なんてないのよ!」 

  と言うか、言わないかで、もってるワインをグビグビと飲み干す彼女。 

 ミカ「もう1回、コンロにかけたら、いけると思ったのになァ・・。」 

   と、少し遠い目をして、語り始めたミカさん。 

  3年間、付き合っていた彼氏と、別れたらしい。。 

  ミカ「私が、会社をおこしたばかりで、すごい忙しかったの。

    会う時間も彼の都合より、私の仕事が優先で、同じ都内に 

    住んでるのに、酷いと2月に1回しか、会わなかったり・・。 

   それでも、彼は「ミカの好きにすればイイよ」って言ってくれたのに・・。」 

   なぜか。・・その優しさ。が物足りなく感じて。。

   彼女は違う、男性に心を惹かれて、「十二に優しい彼」と

             別れる。 

 ミカ「新しい彼氏は前の彼氏と違って、「俺について来い!」タイプで 

   仕事自体が私が、 部下を引っ張らなきゃいけなかったから・・。」 

 自分を誰かに引っ張ってほしかったのだろうか。 

ミカ「前の彼氏とは、並んで歩く事を忘れてたの。。 

   ・・・逆に彼が歩幅を合わせてくれるから・・。

  そんな優しさに。気がつかないなかったし・・。 

新しい彼はお洒落だし、大人だし・・。 

年収とか。・・そんなくだらない事で、比べちゃってたのかも 

知れない・・本当に、私って。。馬鹿。」 

飲みほした、ワインとともに、六本木の路上に 

彼女の溜息がこぼれ落ちる。 

ミカ「その彼氏とも、別れて、。。偶然。  

  前の彼と、行きつけにしてたBARで会ったの。 

  ・・今もまだ、1人だっていうから。 

  ★冷めた恋★に火をつけちゃった♪」 

 

お話ききます。についての 

お問い合わせはsakurairo@clear.ocn.ne.jp  まで。 

枚方バンダム公式HPはhttp://iinen.com/ です。 

お時間ある時、覗いてみて下さいね 

  

 

  

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海を越えたら。。

「のりピー、覚せい剤使用で逮捕状。」という 

ニュースが携帯に流れる8月。 

お盆前に六本木ミッドタウン前。 

始め、自称サーファーの旦那が覚せい剤で逮捕され、 

ショックで雲隠れかと思うと、本人も覚せい剤かぁ。。

 芸能界は本当に覚せい剤が横行してるナァ。 

なんて考えていると「「お話ききます。無料。」って  
これは何してるんですか?」と少しホロ酔いで 

話かけてきたのはネクタイを半分外したサラリーマン、 

今時TVのコントでもこんな格好で酔わないだろう・・。 

「フーン、無料で人の話、聞いてるんだァ。 

変わった事してるなァ。じゃあオレの話も聞いてくれよぅ」と 
 

話し始めたのは旅行会社に勤める28歳の男性。 

「イヤ、オレは今年で入社4年めですよ! 
旅行会社だけど、事務系だから、 

国内も海外も仕事で行けないの!わかる!?」と 
 

酔ってる人、共通の語尾に「わかる!?」攻撃を受ける、僕。 

「それはまァ、イイとしても、 
 

オレ営業希望で海外とかも行きたいの。 

で、会社に希望を出してたワケよ!でも、でもだよ。 
 

オレより後輩が営業に今年からなって、 

2年前から希望だしてるオレはまた、今年も事務ですよ。事務! 

・・で一緒に仕事してる女性社員とかは年に何回か海外とか 
行ってんだけど、 

「旅行してる間は違う自分になれるんだァ」とか言ってるけど、 
 

海外行った位で何か変わるかァって言うだァ。ヒック!」 

・・営業に変わりたい理由を聞くと 

「営業に変わったら、やりたい仕事だからこの愚痴っぽい 

性格も変わるかなァと思うんスよ」 
・・それってどっかで聞いたような話ダ。 

・・というかよく、自分を変えたら、周りも変わる。 
って言うよ。 

・・と結局、この男性に言えないまま夏の夜はすぎていった。 

お話ききます。へのお問い合わせは 

sakurairo@clear.ocn.ne.jp まで。 

枚方バンダムの公式HPは 

http://iinen.com  

です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

公式HP完成。

春頃から ドカドカと工事していた 

「枚方バンダム公式HP」が完成しました。 

この「お話コラム」に加えて、アメブロの「公式ブログ」や 

「脱。インスリン日記」が読めます。 

お時間ある時にのぞいてみて下さいね。 

http://iinen.com/ ←がアドレスです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恋は何文字??

 

「ごくせん。意外に出足から不調!」という 

ニュースが携帯に流れる7月末の恵比寿駅前。 

 

 

「夏らしい天気」 とTVで何度も言うほど、晴れた週末。 

 

どこかで花火大会があるのか、 

浴衣姿の女のコやカップルが数多く地下鉄の乗り口に消えて行く。 

 

 

そんなお祭りの日に浴衣姿の女性が1人もう、30分以上も 

 

「お話ききます。」 

の看板を背に缶ビール片手に片足を 

プラプラさせながら僕の前に座っている。 

 

「だからァ・・さっきから何回も言うけど 

・・結局、男は仕事、仕事って!私を1人にすんのよ。

 

もう1人に慣れちゃって、寂しい。 

て感覚もマヒしちゃってるわよ!ヒック。 

 

ちょっとーお兄さん飲んでる??」と 

 

まだ花火大会も始まらない夜7時台にすでに顔は火照っている、 

この女性は34歳のOLさん。 

 

彼氏と花火大会に行く予定だったが彼が仕事で 

急に来れなくなり、それで大ゲンカ。仕方ないから、 

 

家でやけ酒!とお酒を買って帰る途中、 

「お話ききます。」の看板を 見つけた・・という訳です。 

 

「結局。付き合い長くなると、仕事つったら、 

 約束破っつても平気だし。私っていつも1人になっちゃうんだよね 

 

。なんか、もう何でも1人でやっちゃうようになって・・。」 

 

少し質問してみた。「1人でできない事??うーん、カラオケ?焼肉?鍋?ジャンケン?も少しヒントゥ」 

 

「えー3文字で??なんだろ??」答えは・・。 

 

「あっ!なるほど。メールと電話かァ」もう1つだけ、質問を。 

 

「恋愛に必要な物、3文字で??あっ、これはわかった!男と女。」 

・・話をしながら、少し涙目だった 彼女の顔が笑顔になっていく。 

 

あと、「ケンカと涙。」といい忘れたまま。 

 

彼女の話を僕は聞き続けた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)