« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

キムヨナと女子部員

キムヨナと女子部員
「キムヨナ。金。浅田は銀メダル」というニュースが


携帯に流れる。


2月終わり。

世界中が注目している 女子フィギュアスケート。


決勝のフリ〜演技。
職場の生徒と一緒に見る。


僕「個人的には安藤美姫を応援してるねん」

一緒に見ている
中村という生徒。


中村「私はキムヨナ。勝って当然みたいにされてるけど…。

浅田真央より
プレッシャーの重さが比べものにならないし」

そこで 中村。

おいてあるポテチをバリバリ。

僕「そうやなぁ。
浅田はメダル取れなくても★残念でした★

で終わりやけど。


キムヨナは
浅田に負けたり、


メダル逃したら

冗談じゃないからな」

中村「それに、
浅田真央って、

ショ〜トプログラム終了後、インタビューで

「キムヨナ選手に近ずけて、良かったです」って名指しで


ライバル意識メラメラって感じで


なんか、日本人らしくて嫌な感じ。


僕「そうそう、それに比べて、キムヨナは

「ライバルはいません。自分の演技をするだけです」


浅田は
眼中になしって感じでイイよな」


中村「知ってます??キムヨナって推定8億円の年収なんですよ」


僕「わ。凄い。
日本人なら、さんまさんくらいやなぁ」

中村「でも、インタビューで、★お金なんていらないから自由がほしい★っていってましたよ。

8億円あっても、

自由のがほしいんですね。

…でも。友達と買い物も行けないし。

恋愛もできないだろうし。


マックとかも行けないし。

ディズニーも行けない…。

24時間。お母さんに監視されてそうで

凄い嫌でしょうね。
なんかわかるし…


可哀想だな」


僕「そうやなぁ…。

一番。恋愛とかしたい年頃やろうし

8億円は頑張ったら

手に入るけど、


自由はいくら積んでも 手に入らへんもんなぁ」


枚方バンダム公式HP

http://iinen.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »