« やっと。定着。 | トップページ | 怪しい人はビジネスの話しかしない »

好きにすればイイ。。

「24時間TV、ギャラのでる謎。。」というニュースが 

携帯に流れる8月、祭りの時期のピークか?? 

浴衣姿のカップルがドンドン沿道を歩いていく。 

自宅の中目黒からバイクで、渋谷を通過して、 

南青山七丁目の交差点、西麻布の交差点を 

通過して、ヒルズを右手にひたすら、六本木方面へ。 

西麻布をこえたら、タクシーと外車の率がかなり増え、 

原付でトコトコ移動してるのは、僕と宅配弁当くらいだ、。 

目的土地の六本木ミッドタウン前に付き、「お話ききます」 

の看板を出し、夏の終わりをつげる、都会の蝉の鳴き声を聞く。 

渋谷と違い、週末の六本木は夜22時を過ぎたあたりから、 

「お話」にくる人が増える。。  

不況で日本中が大変な中、六本木はいつまでも 

眠らない街。なんだろう・・などと考えていると・・・。 

「えー!「お話ききます。無料」って、初めて、見たァ♪ 

これは何をしてるのぅ??」 

と、明らかに、1杯どころか、かなり飲んでり様子の 

女性。右手にはボトルのワインをもっている・・。 

「お話ききます」の説明をすると。 

「へェー??お兄さん、若いのに、こんな、お姉さんの

恋の痛み★とか。癒してくれんの?? 大丈夫??」 

と、僕の前に腰を下ろしたのは、ミカさん(仮名) 

ミカ「ねェ、ねェ。お兄さん、★冷めた愛★って、 

どうやったら、復活できるかわかる??」 

僕「冷めた愛ですか??難しいナァ」 

ミカ「お兄さん、まだ若そうだもんね!いくつだっけ?? 

 なんだァ、まだ35歳かぁ。まだまだ今からね。 

男として、熟してくんのは。。」 

ミカ「★冷めた愛★なんて、もう1回、燃やせばイイのよ♪

  1回熱がなくなった位で燃え尽きた愛★なんてないのよ!」 

  と言うか、言わないかで、もってるワインをグビグビと飲み干す彼女。 

 ミカ「もう1回、コンロにかけたら、いけると思ったのになァ・・。」 

   と、少し遠い目をして、語り始めたミカさん。 

  3年間、付き合っていた彼氏と、別れたらしい。。 

  ミカ「私が、会社をおこしたばかりで、すごい忙しかったの。

    会う時間も彼の都合より、私の仕事が優先で、同じ都内に 

    住んでるのに、酷いと2月に1回しか、会わなかったり・・。 

   それでも、彼は「ミカの好きにすればイイよ」って言ってくれたのに・・。」 

   なぜか。・・その優しさ。が物足りなく感じて。。

   彼女は違う、男性に心を惹かれて、「十二に優しい彼」と

             別れる。 

 ミカ「新しい彼氏は前の彼氏と違って、「俺について来い!」タイプで 

   仕事自体が私が、 部下を引っ張らなきゃいけなかったから・・。」 

 自分を誰かに引っ張ってほしかったのだろうか。 

ミカ「前の彼氏とは、並んで歩く事を忘れてたの。。 

   ・・・逆に彼が歩幅を合わせてくれるから・・。

  そんな優しさに。気がつかないなかったし・・。 

新しい彼はお洒落だし、大人だし・・。 

年収とか。・・そんなくだらない事で、比べちゃってたのかも 

知れない・・本当に、私って。。馬鹿。」 

飲みほした、ワインとともに、六本木の路上に 

彼女の溜息がこぼれ落ちる。 

ミカ「その彼氏とも、別れて、。。偶然。  

  前の彼と、行きつけにしてたBARで会ったの。 

  ・・今もまだ、1人だっていうから。 

  ★冷めた恋★に火をつけちゃった♪」 

 

お話ききます。についての 

お問い合わせはsakurairo@clear.ocn.ne.jp  まで。 

枚方バンダム公式HPはhttp://iinen.com/ です。 

お時間ある時、覗いてみて下さいね 

  

 

  

 

|

« やっと。定着。 | トップページ | 怪しい人はビジネスの話しかしない »

おすすめサイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 好きにすればイイ。。:

« やっと。定着。 | トップページ | 怪しい人はビジネスの話しかしない »