« どないやねん。 | トップページ | 高1デート。 »

天国へ約束。

僕が週末、東京の恵比寿、六本木で 

やってる「お話ききます。」には 

本当に色んな人がくる。 

 

毎晩、夢を見る人。 

夢はほとんど見ないで熟睡してる人。 

夢は起きてる時に追いかけてる人。等。 

 

「お話ききます。無料」、この看板も 

3代目。8年やってるうちに 

本当に色んな人が来た。 

なんて、考えていたら。 

 

「よっ!おっひさ♪ 

まだ、この「お話ききます」やってんだね。」 

と、声をかけてきたのは、渋谷はもう、 

卒業しました。 

て、感じのお姉系。のファッションに  

身を包んだ。女性。 

 

何年か前に 

「お話ききます。」に来てたコかな。 

と、思い出し始めていたら、 

 

「えーー!なァにィ!? 

私の事、わかんないの!?」 

と、デカサングラスを取ると、 

 

彼女の事を速攻、思い出した。 

 

「あっ。もう、そんな時期かァ・・。」 

ポツリと、思わず。 

僕の口から言葉がもれる。 

 

「そうよ。忘れてたわけじゃないと 

思うけど、顔見にきたのよ。」 

と、彼女は、見た事ない、 

高そうな細いタバコに火をつける。 

 

この彼女とは、以前、共通の 

友達の女のコ。 

名前はルナ。てコがいました。 

 

その、ルナちゃんは人見知りが 

激しく、始めは、お水で働いていて、、 

その後、風俗で働くようになり、 

そのお店の従業員と付き合う 

様になり、やがて、子供ができ、 

結婚しました。 

 

ルナちゃんは、10代の時から、 

安定剤を飲んでいて、心療内科に 

通っていました。 

旦那が、浮気をして、ソレを 

ルナちゃんの病気のせいにしました。 

 

二人は離婚しましたが、 

子供はまだ、乳飲み子なのに 

親権は 父親の方に渡りました。 

 

法律は 残酷です。 

 

その後、ルナちゃんは病気で入院して 

たまに、メールや電話でしか、連絡が 

取れなくなっていました。 

 

その、何ヶ月か後、ルナちゃんは 

自殺してしまいました。 

 

僕と、今、話してる彼女に 

よく、ルナちゃんが言っていた言葉。を、 

思い出しました。 

「歩いた分だけ、幸せになれたらイイね。」 

 

梅雨前線が来る頃、ルナちゃんの命日です。 

彼女と僕は一緒にお墓参りに行く 

約束をして、別れました。 

 

以前、HPで書いていた「お話コラム」が 

「お話、聞きます」(徳間書店)という本になりました。 

 

本の発売を待つ事なく、 

ルナちゃんは いきなり、 天国へ旅立っていきました。

  

僕はまた、路上での「お話ききます」を再開して、 

また「お話コラム」を書いています。

|

« どないやねん。 | トップページ | 高1デート。 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天国へ約束。:

« どないやねん。 | トップページ | 高1デート。 »