« ブログ開設しました。 | トップページ | 月の灯り »

「私も。お話ききます」をやりたいです。

僕が週末、東京でやっている「お話ききます」には本当にいろんな人が来る。 

東京という土地柄もあり、日本人、海外の方、いとんな人がくる。 

「お話」の内容は、「家族にも話せない話」から、「東京のお土産は何を買えばイイですか?」まで、本当に様々だ。 

8年やっていた、渋谷を離れて、恵比寿駅西口。で「お話聞きます。無料」の看板を置き、座っていると、僕の前に、ショートカットの女性が「これは何をしているんですか??」と話しれてくる。「お話ききます」の説明をすると。「面白いですね。少し話していこうかな」と僕の前に腰をおろした。 

「私は在日の韓国人です。・・日本で生まれて、育ったので韓国語を話せません。 

話せるのは、日本語だけ。でも、この顔とアクセントで日本では、どうしても、  

「外国人扱い」されてしまう。あなた、私の話し方に違和感を感じませんか??」 

「いえ、特に、外国の方もよくきますよ。」と僕。 

「ありがとう。それより。「お話ききます」ってこれは何の目的でやっているの??」 

毎回のように聞かれる質問だ。「目的なんてないですよ。ただ、好きで人の 

話を聞いてるだけです。」と僕。 

彼女「へ、変わってるね。友達作るため??何かボランティア??」 

「いや、友達は普通にいますよ。自殺を偶然助けたり、うつ病の方が 

毎週きたりするけど、特に目的なんてないですよ。ただ、好きなだけです」と僕 

彼女「・・・なんか、面白そうね。私もやってイイ??」 

僕「どうぞ。たまにいますよ。「お話ききます」やりやい。っていう人。 

以前も大阪や博多でやってたみたいですが・・残念ながら続けてる人は 

僕だけみたいだけど。」 

彼女「・・やっぱりそうなんだ。じゃあ、私はたまに遊びにきます。」

といって街灯が眩しい駅前に消えていった。

|

« ブログ開設しました。 | トップページ | 月の灯り »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「私も。お話ききます」をやりたいです。:

« ブログ開設しました。 | トップページ | 月の灯り »