トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

幸せの場所。

僕が週末、東京でやっていりう「お話ききます」には、 

本当に色んな人がくる。 

「死んでしまいたいくらいの不幸を抱えてる人」逆に 

「世界中の人に大声で伝えたいくらいの幸せを実感してる人」また、「家族にも話せない事ですが・・・」と話し始める人や「東京らしいお土産は何がイイですか??」や「すみません、少しだけ、犬を預かって下さい」という人まで。 

でも、やはり、「自分は不幸だ」という人が多い。 

「親がリストラされた」とか「派遣切りにあい、来月から無職だ」や 

「彼氏に殴られている、でも好きなので別れられない」や「子供がニートになった」 

とか「妻に熟年離婚をきりだされた」等など。 

 

「今より幸せになりたい」と口をそろえて言う。 

「不幸から脱出したい」という人に僕は、何もアドバイスも 

しないし、手助けもできない。 

ただ、その人の「お話」を聞くだけです。 

ただ、僕は「幸せは日常の中にある」と考えています。 

その事に気がついたら、それだけで幸せです。 

宗教に頼ったりしても幸せは訪れないし、今 

ある不幸から脱出はできません。 

・・これは宗教から脱出した人が言ってたので真実だと思います。 

宗教は、不幸な時や、病気や貧乏で苦しんでいる時に 

心の隙間に入ろうとしてきます。 

話はそれましたが、以前、書いていた「「お話コラム」は 

1部 「お話、聞きます」(徳間書店)から本になって出版されています。  

Yahoo。で検索したら、1部読めるようになっています。 

路上での「お話ききます」への お問い合わせは 

sakurairo@clear.ocn.ne.jp まで連絡を下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月の灯り

僕が週末、東京でやっている「お話ききます」には 

本当に色んな人がくる。三度のメシより好きな物がある人。 

酒も、ギャンブルも、キャバクラにも行かない人。等など。 

 今回は以前、地元、大阪に帰省していた時の事、 

僕の地元、大阪は★会話に落ちがないとシバかれる★とか、 

★キツネうどんをけつねうどん★て言う。なんてイメージがあるかも 

ですがそんな事ありまへん。 

今回は東京でいう★山手線★にあたる★環状線★の中にある 

天王寺。て街でのお話。東京でいうと、浅草に少し近い感じ、 

観光地と下町がごっちゃになってる街です。 

実はおじいちゃんコで★将棋★にはまっていた時期がある僕は、 

この天王寺にある★将棋クラブ★によくいっていました。 

久しぶりにシバさん。て人に会いたくていってきました。 

「お久しぶりでう。シバさん」 

「おお、兄ちゃん、久しぶりやなぁ。どうした?? 

青い顔して、悪いもんでも食うたんか??」 

将棋クラブのお客さんから軽い笑い声が。 

このシバさん昔は★賭け将棋の神さま★といわれて、 

1回指すのに、10万円。買ったら100万もらえる。 

負けたらさらに30万払う。・・というプロの将棋指し。でした。 

25年間無敗。の伝説を残して、引退したそうです。 

その、当時からこの界隈の人達の相談役になっていて、 

今は、ロ路上生活者や、公園で暮らす人たちのために、 

毎日、ボランティア団体がだす「炊き出し」の資金をしたりしています。 

「兄たyん、長い話はせへんけどな、ワシも元は日雇いで 

その日暮らしや。路上で生活した事もある。 

たまたま、ワシには将棋。があっただけや。 

おてんとうさんも、この国の製政治家もワシらを、この街に 

暮らす貧乏人を照らしてはくれへん。ワシらはずっと照らしてくれるのは 

★通天閣★だけやで。まぁ、帰りに★まむし★でも食うて帰り。」 

と、お駄賃まで、もらってしまった。 

ちなみに、★まむし★は大阪弁で、★うなぎ★の事です。 

今回は「お話ききます」ではなく、 

僕が「お話」をききに行きました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「私も。お話ききます」をやりたいです。

僕が週末、東京でやっている「お話ききます」には本当にいろんな人が来る。 

東京という土地柄もあり、日本人、海外の方、いとんな人がくる。 

「お話」の内容は、「家族にも話せない話」から、「東京のお土産は何を買えばイイですか?」まで、本当に様々だ。 

8年やっていた、渋谷を離れて、恵比寿駅西口。で「お話聞きます。無料」の看板を置き、座っていると、僕の前に、ショートカットの女性が「これは何をしているんですか??」と話しれてくる。「お話ききます」の説明をすると。「面白いですね。少し話していこうかな」と僕の前に腰をおろした。 

「私は在日の韓国人です。・・日本で生まれて、育ったので韓国語を話せません。 

話せるのは、日本語だけ。でも、この顔とアクセントで日本では、どうしても、  

「外国人扱い」されてしまう。あなた、私の話し方に違和感を感じませんか??」 

「いえ、特に、外国の方もよくきますよ。」と僕。 

「ありがとう。それより。「お話ききます」ってこれは何の目的でやっているの??」 

毎回のように聞かれる質問だ。「目的なんてないですよ。ただ、好きで人の 

話を聞いてるだけです。」と僕。 

彼女「へ、変わってるね。友達作るため??何かボランティア??」 

「いや、友達は普通にいますよ。自殺を偶然助けたり、うつ病の方が 

毎週きたりするけど、特に目的なんてないですよ。ただ、好きなだけです」と僕 

彼女「・・・なんか、面白そうね。私もやってイイ??」 

僕「どうぞ。たまにいますよ。「お話ききます」やりやい。っていう人。 

以前も大阪や博多でやってたみたいですが・・残念ながら続けてる人は 

僕だけみたいだけど。」 

彼女「・・やっぱりそうなんだ。じゃあ、私はたまに遊びにきます。」

といって街灯が眩しい駅前に消えていった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログ開設しました。

「お話コラム」を再び、開設しました。 

これは、2000年から、僕が東京でやっている 

「お話ききます」で聞いた「お話」をブログで残して 

いる物です 

2004年に「お話聞きます」(徳間書店)として、 

生意気にも書籍化もされました 

目の見めない方にも楽しんでもらえるように 

全国録音図書、点字図書。にもなっています 

8年やっていあた、渋谷、新橋をはなれて、 

2009年からは恵比寿、六本木などを中心に 

「お話ききます」をやっていきたいと思います。 

人生の骨休みにのぞいてみて下さいね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2009年6月 »